Adsense 審査に思う

ネット関係の仕事をしていると Adsense の審査の話は、たびたび話題になる。

ネット上でも、こちらとかこちらとか、「adsense 審査」でぐぐるとそれこそ山のように情報が出てくる。当サイトは、この9月に審査を1日で通過した。1日というのはけっこうレアのようなので、興味のある方の参考になればと思い、顛末などを綴る。

★2017/2月頃‥何を思ったかアフィリエイト関係も充実させようと思いつく。とりあえず、有名どころの Google Adsense に申し込むが、あっけなく一次審査落ち。理由ははっきりしている。Google からの結果報告メールに「ユーザがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください」という記述があるが、これにひっかかった(と思われる)。当時の当サイトのナビゲーションはまったくわかりやすくなかった。今でも、このブログは、トップドメインからはリンクしていない。これは、「 Google の言っていることはごもっともだし、正論だろう。けれど、サイト内に隠し機能や隠しページがあった方が、秘密基地みたいで面白くない?」という思いからだ。私はよくそういうサイト構成をする。Adsense だけにこだわるのもどうかと思い、他の媒体にも申し込む。こちらはあっけなく審査通過。現在、当ブログの上部には広告が表示されていると思うが、これはこちらのもの。

(きわめて個人的な意見ですが、アフィリエイト関係を始めるなら、「まずは Adsense から」という考えは改めた方がいいかもしれないです。Adsense は確かにリターンが良いようですが、これは主に Adwords がクリック保証型を謳っているからです。広告がクリックされたときのみ費用が発生する、確かに広告主にとっては最良の選択のように思えます。けれどもそうとは考えない広告主もいるのですね。私はスタートアップ間もない企業のウェブ広告を担当したことがあります。そのときの経営者の方針は「クリックされた回数より表示された回数重視。効率的に広告が表示されるようなら、その費用は惜しまない」というものでした。確かに、知名度を高めるなら、こちらの戦略の方が合理的です。Adwords は導入後のアフターフォローなども素晴らしく便利なのですが、クリック保証かつ入札方式というのが災いして、分野によってはワンクリック千円以上とられる場合もあります。これでは、スタートアップ企業や個人はたまらないですよね。この場合、Adwords 以外のサービスも検討することになります。広告の表示を提供する側(つまり私たち)も同じように考えたらいかがでしょうか? 審査も厳しくかつ審査が通ったとしてもいつ対価が発生するかもしれない媒体だけに頼るよりも、効率は悪くとも訪問者数に比例して対価が発生する媒体をもっておいた方が賢明だ、というふうに。このやり方ならば、そうそうは心が折れずにすむと思います。例え、1日数円のリターンであっても)

★2017/8月‥「YouTube にも興味があるし、やはり、Adsense アカウントはあった方がいい」と思うようになり、ひとまず個人的に blogger にブログを開設し、ホスト型で申請を出す。3日ほど経ったころに Adsense コンソールのステータスが変わる。(従来の1次審査通過といったところでしょうか)


「さすが blogger は Google 直営。対応が速い」と思っていたが、ここからまてでどくらせどステータスが変わらない。思うにこれが実質的な2次審査ではなかろうか?

★2017/09/01‥いつまでも待っているのも馬鹿馬鹿しく思い、アカウント自体をキャンセル。数時間後、しっかりとキャンセルした旨のメールが届く。

これを受けて、関係者の了解を取り、トップドメインのナビゲーションを少々改善し、トップドメインで再度申請。

★2017/09/02‥「お客様のサイトが AdSense に接続されました」のメールが届く。

あまりの速さに「え? 何かの間違いでは?」と思ったが、広告を配置するとしっかり配信されている。どうやらあっけなく審査を通ったよう。正確な時刻までは覚えてないが、再申請からたぶん 24 時間もかかっていない。

 

という流れです。


style=”display:inline-block;width:336px;height:280px”
data-ad-client=”ca-pub-2578173276686777″
data-ad-slot=”7164044232″>

カテゴリー: Adwords, Google | コメントをどうぞ

あったら良いもの ~怒りの路線変更編~

長々と書いていた「あったら良いもの」シリーズですが、airfoil というソフトを使ったら、あっちゅうまに解決しました。

まず、ソフト的に親機のようなものを windows もしくは Mac にインストール。

そして、ソフト的に子機のようなものを不要になった iPhone4S にインストール。で、iPhone4S を JBL(iPhone4S 対応) に挿す。

すると…

しっかり、鳴ってる.。

にしても相方…。

しばくか(ぼそっ)。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

銀座線オレンジ

新しいブログを始めるとき、まず着手するのがヘッダー情報の編集(ブログ名や画像の指定)だったり背景画像の選択だったりすると思います。

私の場合、いつもいつも迷うのが背景の色指定です。なるべく過去のブログやHPの雰囲気を引き継ぎたいので、その数値を指定したいんですが、過去のファイルをいちいち確認するのが面倒でその場で色指定してしまいます。

R を 5 上げて、B を 10 下げて…なんてやるんですが、これが、なかなか決まらない。

「試行錯誤的色調整」とでもいうんでしょうか、毎度毎度同じことを繰り返しているような気がします。賢くない。

ここらへん上手いなと思うのは air さんでしょうか。独特のオレンジはほぼ旧サイトといっしょです。「決め打ち」ですね。プロの小技を見たような気がします。

私も今後はこの方式をとろうかと思い、ここにいってきました。

わかりやすいですね。私も今後は、青系なら「紺碧」、「紺碧」に合わせる白系なら「藍白」‥という具合に色選択していこうと思います。1色選ぶのに6万超の組み合わせから1つ選択して、次にまた1つ指定して‥なんてやり方は確かに非効率です。実際に自分がデザインしやすく好みにあった色の組み合わせなんて数パターンしかないと思います。

ところで、そこで面白いものを発見。

←これ、なんて色かわかりますか?

「銀座線オレンジ(Ginza Line Orange)」とそこでは呼んでました。

色んな意味で納得。


カテゴリー: Web Tips | コメントをどうぞ

あったら良いもの ~解決編~

一つ目の「ただし」は、

「AirPlay を使え。ただし、AirPlay は 原則 Mac でしか使えない」

でした。これは問題なし。MacBook Air、iPad、iPhone はありますから、そこからスピーカーに向けて、音楽のデータを飛ばせばよいわけですね。Win でも工夫すれば使えるようですが、話を聞いても理解できなかったので割愛。

次の「ただし」は、こういうものでした。

「AirPlay を使え。AirPlay を使うには、AirPlay 対応のスピーカやレシーバが必要。ただし、AirPlay 対応スピーカには若干問題もある機種があるので Apple TV を使った方がよい 」

ここらへんから、理解が苦しくなってきました (?_?)

単に AirPlay 対応スピーカというなら、少々お値段は張りますが、探せばいろいろでてきます。特に私の用途には、ここらへんがぴったりだと思いました。BOSE だし。

が、この案は速攻却下。なんで?

「通信が安定しないので、購入してから後悔し始める可能性が高い」というのがその理由。確かにレビューにもその手の意見がちらほら。特に、一旦親機で音楽データを受けてから独自ネットワークで子機に同報出力(というらしい)した場合、この独自ネットワークのところに問題を抱えた機種が多いんだそうです。これでは、私の用途に合いません。

で、この路線は捨ててしまって、Apple TV というものを使えと。Apple TV というものがどんなものかわかりませんが、「Apple TV」 +「 光デジタル入力可能なスピーカ」というのが、最終的に勧められたシステム。

つまり、音楽データは

iPhone や iPad > AirPlay > Apple TV > 光デジタル信号 > スピーカ

の順に送られるわけです。確かにジョブズが力を入れていたという Apple TV は、安心感があるし、それに思ったほど高くない(Mac mini くらいすると思ってた)。

これなら良いと思ったんですが、勧められたスピーカがこれ

レビューの評価も高いし、お値段もお手頃。いいんですが、ちと外観が…。私の趣味に合わない。それに

「私の JBL はどうするの?」

相手「それは、その…

今度は、相手が困る番。こうなったら、Apple TV の上に JBL を載っけたい。黒+黒で合うと思うし。

で、出てきた答え(=最後の「ただし」)は、「AirPlay +apple TV  +光デジタル信号を使え。ただし、既存のスピーカを使いたいようなら、DA コンバータをかませろ」というもの。

つまり、音楽信号は

iPhone や iPad > AirPlay > Apple TV > 光デジタル信号 > DA コンバータ > 通常の信号 > 既存のスピーカ

の順に流れます。実際の DA コンバータはこんなものがあるようです。

理解するのに苦労しましたが、最終的にはわかりやすい一直線の流れ。それに Apple TV は未来がありそう。別に持っていたからといってドヤ顔はしませんが。

トータルの金額も思ったより安く上がる。満足。

というわけで、

「あとの配線や接続はお願いね」

相手「……」

カテゴリー: Apple, Apple TV | コメントをどうぞ

あったら良いもの

私は、以前、某所でこんな記事を書きました。

———————————————————————————–

私、古い物をけっこう長く使うタチでして、例えば、家の中で音楽を聴くときは、今でも 古~いiPod と接続端子端子つきのスピーカーを使っています。

JBLのスピーカーは小さい割には良い音を出すし、これはこれで問題ありません。良い買い物をしたなと今でも思ってます。

ですが、最近、家の配置を大幅に変えまして、広めの一室をパーティションで分割。そうですね、これを仮に部屋A、部屋Bとしましょう。そうすると部屋AにあるJBLからの音楽は部屋Bには微かに聴こえてくる程度になってしまったんですね。

できれば、部屋Bでもおんなじように音楽を聴きたい。

もちろん、部屋にコードを引き廻すなんてことはしたくない。wifi やら bluetooth やらの技術が進歩していることはわかるんですが、そういう技術使ってこの手の問題を解決できないもんなんですかね (- -);

———————————————————————————–

で、↑を書いてから、リアルでもネットでも様々な解決策をいただきました。

最も有効そうな解決策は「AirPlay を使え」というものでした。

なんですが、これがけっこう曲者で…。というのは、この後にいろんな「ただし」がつくからなんです。

長くなりそうなので、稿を改めて。

 

カテゴリー: AirPlay, Apple | コメントをどうぞ

お引っ越し

縁あってこちらの方でブログを始めさせてもらいます。

よろしくお願いします。

 

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ