カテゴリー別アーカイブ: med + IT

初めての HP

たまには仕事の話。 最近、小規模な医療・福祉施設向けの HP (ホームページ)の作成依頼が重なって、そちらの方に精を出していた。 ちょっと興味を持ってその手の分野を調べたのだが、費用の相場はたいてい 『初期の HP 作成料』(5万~程度)+『月々の管理料』(1万~程度)のようだ。 ある程度の規模の施設の場合、月々の管理料は問題ならないのだろうが、数名程度の施設の場合、この価格構成、特に月々の管理料が発注側の悩みの種となっているようだ。「効果があるのかどうかもわからない、使いこなせるかどうかもわからない情報発信媒体に少額とはいえ月々費用を投じていいものか?」というのはまあ納得できる話だ。 クリニック・病院などの場合は、HP の効果は既に自明であり、自作できる人材もいたりするので、こういった状況にはならないが、個人経営に近い薬局や介護事業所などの場合、上記のような理由でまだ HP を持っていないところがけっこうあるようだ。 私としても月々数万程度で今後数年間 HP のメンテに縛られるのは嫌なので、初期費用のみ(しかもかなり格安!)で HP の作成を引き受けることにした。まあ、本職の web 屋さんでもないしね。 そのうちの一つが、そろそろモノになってきたので、ちらっと公開しておく。 見る人が見ればわかると思うが、某有名 web アプリ使いまくりのサイト構成になっている。凝ったカスタマイズもしてない。公式テーマ様々という感じのつくりだ。一部 JavaScript も使ったが、さほど複雑な動作はさせていない。 で、ここが肝心な点なのだが、発注主はこれで十分満足しているようだ。有り難い限り。 マテリアルデザインでレスポンシブで・・・と格好の良さを求めるアプローチは、間違っていないと思うが、やはり未経験者の「自分で打った文章がそのまま記事になる」とか「自分でチョイスした写真がトップ画像を飾る」とか「今までやってきたことが形になって表現できている」という感動には勝てないと思う。そのための器はシンプルなもので十分だということなのだろう。 このやり方だと(発注主にも最低限の操作方法諸々は覚えてもらう必要があるので)初期に手間はかかるが、そこさえ通過すればこちらの方は手間いらずだ。さらに、発注主の「自分でカスタマイズしたい」という欲求も満たすようだ。 好きなようにいじくりたおしてもらえれば、と思う。  

カテゴリー: HP, Web | コメントをどうぞ

Hyper-V で ORCA

「そういえば、windows 10 pro ならば、Hyper-V に Ubuntu 載せられるから、当然、ORCA も走るよなあ」と思いつき、やってみた。MS windows 環境ならば、VMWare の方がつきあいは長いんだが、まあ、やってみよう。 確かにできることはできる。 が、ネット上でも度々報告されているようにハマりポイントがいくつかあるようだ。 私もネットワークで若干困った。手順通り、スイッチをつくりゲスト OS にブリッジ接続させても、全然、外部とつながらないんだよね(笑) しかし、「これは MS 製品なんだ。冷静になれ」と自分に言い聞かせ、最初につくったスイッチをまるごと削除、設定やり直したら、あっさりつながった。それでも通信速度がでないし、ときどき切れたりする。この時も気をとり直して、ホスト OS を何回か再起動をしたら、通常運行となりましたとさ。 他には ・画面解像度は、VMWare 各種製品のように適宜変更はできない。 /etc/defaults/grub を手動で書き換える必要がある。 ・いまだに Ubuntu から音がでない。。。(仕様のようです) などが気になった。 完成度というか使いやすさは VMWare の方が一日の長があるかなあ。  

カテゴリー: med + IT, ORCA, Win10 | コメントをどうぞ

openDolphin を MacBook にインストールしてみた

もちろん動く。 だからどうしたって話なんですけどね。 でんも、なんかルック&フォールが洗練されてるんだよなあ(嘆息)。  

カテゴリー: Mac, med + IT, openDolphin | コメントをどうぞ

DICOM 規格概略

DICOM ファイル = DICOMファイルメタ情報(F) + DICOMデータ集合(D) (F) = ファイルプリアンブル + DICOMプリフィックス + ファイルメタ要素 + ファイルメタ要素 + 繰り返し 実際のファイルはこんな感じ。 タグ 0×0002 がファイルメタ要素。0×0008, 0×0009 はよくわからない。 (D) = データ要素 + データ要素 + データ要素 + 繰り返し  

カテゴリー: DICOM, med + IT | コメントをどうぞ