カテゴリー別アーカイブ: 級位者の愉快な対局

級位者の愉快な対局 次の一手 △横歩取り3三歩戦法

もう級位者でもなくなったのだが、当時のテイスト溢れる対局を経験した。 横歩取りで▲3四飛とした後、後手も△7六飛としてしまうと、▲2二角成の強襲があって、△同銀でも△同金でも金銀の連結が外れ、飛車が成りこんでゲームセット、という進行がよく紹介されているが、このときの飛車の成りこみを防ぐ驚愕の面白戦法が以下の△3三歩。 正直、指されて驚いた(笑)。 さて、どう対応したらいいだろう?     次の一手的には▲3二馬が正解だが、▲3一馬や▲8四飛車、▲2一馬なども先手勝勢~優勢(elmo 2017 調べ)。 ▲3二馬△3四歩と飛車を取れば、▲3一馬で先手金銀得。▲5三馬の狙いも残っている。 ▲3二馬△同銀と馬を取れば、▲2四飛△2三歩打。▲2八飛とひいても金得の上に▲2二歩打の狙いが残る。 やはり、「横歩を取るのは先手の権利」なんだろうが、相手が高段者の場合、ここからでも勝ち切るのは大変なんだろうなあとは思う。  

カテゴリー: リバーシ・チェス・将棋・碁, 将棋, 級位者の愉快な対局 | コメントをどうぞ

級位者の不愉快な対局 振り穴くん

空き時間などで将棋ウォーズを楽しんではいるが、対局していて不愉快な戦法の筆頭格は『振り飛車穴熊』ではないだろうか? 棒銀くん、中飛車くん、早石田くんのバ○の一つ覚えみたいに一つの戦法に固執する指し方も食傷気味だが、これらの戦法を採用する級位者は、それでも ・こちらの出方に反応して指し方を微妙に変えてくる ・ネット将棋は短期決戦という前提を守ってくれている(勝っても負けても短手数で終わる場合が多い) という尊重すべき基本理念に沿った指し方をしてくれている。なので、「あー、またか」とは思っても悪い気はしない。少なくとも人として間違ってはいない(笑)。 これに対し、振り穴はどうだろう? まず、きちんと指そうとすると「穴熊には穴熊」の格言(?)通り、こちらも穴熊に組まなてはならない。が、そうすると手数が延びて居飛車側の時間切れ負けになりやすい。まあ、ウォーズなどでこの囲いを採用する人は基本これを狙っているわけですね。性格悪いというか。。。 それに加え、振り穴くんにはコミュニケーション回避の傾向があるように思う。駒組みしやすい振り穴を選ぶ時点で、下地はあるんだろうが、エスカレートすると、正直、気持ち悪い。 参考棋譜を上げときます。この指し方、相当、気持ち悪いと思いません?

カテゴリー: リバーシ・チェス・将棋・碁, 将棋, 級位者の愉快な対局 | コメントをどうぞ

早石田くん対策

かなりダイナミックな飛車取らせ戦術。 早石田くんはマナー悪い印象。 他には、筋違い角とか浮き浮き飛車とかもあるが、おいおい。 有段者になるとマイナー戦法に見せつつ他に狙いもあったりするので手強い。

カテゴリー: リバーシ・チェス・将棋・碁, 将棋, 級位者の愉快な対局 | コメントをどうぞ

将棋ウォーズ 棒銀くん・早石田くん・中飛車くん

藤井フィーバーに刺激されて将棋ウォーズを始めてみた。 30級から始まって、一か月で現在は1級。定跡を覚える気はないので初段は難しいだろう。 なので、級位者のオモシロ戦術や初心者が差しがちな定型戦術に付き合う方向で指している。対戦相手を「ちょっと弱め」に設定しておくのがコツだ。 出てくるパターンは、ある程度決まっている。居玉のまま粘着に攻めてくるタイプが多く、「棒銀くん」・「早石田くん」・「中飛車くん」などと呼んでいる。    

カテゴリー: リバーシ, リバーシ・チェス・将棋・碁, 級位者の愉快な対局 | コメントをどうぞ