xampp のお手軽感がちょうどいい、からのデバッグ その2

持ち駒の処理に着手。

成り駒をそのまま手持ちにしている。

修正。

うまくいった。後は、「打」のときに持ち駒を手放すロジックをつくる必要がある。面倒そう。。。

が、JavaScript は

(持ち駒情報の文字列) = (持ち駒情報の文字列).replace(持ち駒の文字列表現, ”);

で(持ち駒情報の文字列)から最初にマッチした(持ち駒の文字列表現)だけ削除される仕様とのこと。全部が置き換わるわけではないという。便利なのか非合理的なのかよくわからない。

実装。

おお、うまく動いているっぽい。

この一局は、おおむね正しく表示されているようだ。

 

ここまでの成果は JSKifuForWP のテストページで。

 

カテゴリー: JavaScript, 将棋   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>