大人のための将棋再入門 4 (居角)左美濃右四間

将棋再開後、棒銀くん・中飛車くん・早石田くんの対策がある程度できるようになると、そろそろ日常使いできる汎用性の高い戦法をマスターしたくなってくる。
お勧めは、(居角)左美濃。特に攻撃ユニット(右辺)を右四間に組む形は、陣形やその狙いがはっきりしているので真似しやすい。特に古典的な矢倉に対しての威力は絶大で、少々おかしな駒組してもウォーズ低級位レベルならほぼほぼ勝てると思う。
実際の進行例はこんな感じです。

私の子供のころは、入門書には決まって矢倉が紹介されていて、あまり疑問もなくそのように組むことが多かったが、この矢倉というのは、冷静に考えると
・囲いを組むまでに手数がかかる
・基本的に引き角なので攻撃への活用が意外にしにくい
という弱点がある。特に後者などは、下段に引いた角と入城しようとする玉がたびたび「ごっつんこ」する。だから、その駒組の不自由さは常々感じていたはずなのに、これに改良を加えようとは当時はこれっぽちも思わなかった。刷り込みって怖いね。

それはともかく攻撃時のポイントは、
・飛角(右)銀(右)桂を攻撃に参加させる
・飛車・角の大駒は大胆に切ってもよいからとにかく攻めを繋げる
ことでしょうか。ここらへんがうまくいけば、仕掛けから寄せまで割と一直線に進行する場合が多く、かなり気分よく勝てる戦法です。

細かい話をすると、「左美濃+中飛車」や「左美濃+早繰り銀」などのバリエーションもありますが、ここらへんは応用編といったところでしょう。私も勉強中です。時系列的にみると、先手番矢倉の対抗策として左美濃登場→さらにその対抗策として雁木の再評価という流れのようです。2017年現在、将棋研究のテーマの一つにもなっているようですが、級位者レベルにとってこれはテーマがいささか細かすぎる。再開最初は、まずは大雑把に全体を掴みましょう。

カテゴリー: 大人のための将棋再入門, 将棋   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>