級位者の愉快な対局 次の一手 △横歩取り3三歩戦法

もう級位者でもなくなったのだが、当時のテイスト溢れる対局を経験した。

横歩取りで▲3四飛とした後、後手も△7六飛としてしまうと、▲2二角成の強襲があって、△同銀でも△同金でも金銀の連結が外れ、飛車が成りこんでゲームセット、という進行がよく紹介されているが、このときの飛車の成りこみを防ぐ驚愕の面白戦法が以下の△3三歩。

正直、指されて驚いた(笑)。

さて、どう対応したらいいだろう?

 

 

次の一手的には▲3二馬が正解だが、▲3一馬や▲8四飛車、▲2一馬なども先手勝勢~優勢(elmo 2017 調べ)。

▲3二馬△3四歩と飛車を取れば、▲3一馬で先手金銀得。▲5三馬の狙いも残っている。

▲3二馬△同銀と馬を取れば、▲2四飛△2三歩打。▲2八飛とひいても金得の上に▲2二歩打の狙いが残る。

やはり、「横歩を取るのは先手の権利」なんだろうが、相手が高段者の場合、ここからでも勝ち切るのは大変なんだろうなあとは思う。

 

カテゴリー: リバーシ・チェス・将棋・碁, 将棋, 級位者の愉快な対局   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>