中盤の手筋 次の一手 筋違い銀

対角交換四間を苦手としていた。頻度的にそう多くはないし、強い使い手にそうそうあたらなかったという事情もある。

守備陣形は銀冠に組むのがいいらしい。今回は、銀冠に組んでいる最中に相手は一直線に美濃を完成。逆棒銀を仕掛けられた。こちらは非常手段的に右銀を斜め棒銀(鳥刺し)ぽく使い対抗。しかし、▲3五歩と押さえ込まれた。▲4七と引くようでは勝てないし、▲2五銀では逆棒銀がキマってしまう。

次の一手は?

 

 

正解は▲3五銀(同銀)と取り込む。

△同銀なら、もちろん▲2二飛で飛車が取れるし、△2五歩と受けても▲2三歩打△同飛▲5六角打がキビしい。

ソフトで読むと、後手のもっとも良い対応は△3九角打と攻め合いを目指すことらしい。以下、▲2四飛△同飛▲同銀と飛車交換。△2八飛打に対して▲2二飛打と対抗。△5七角成がキビしいように思うが、ソフト的には角・銀・桂を手持ちにしているのが大きいと見ているようだ。

まあ、それはともかく振り飛車側が(逆)棒銀を使った際、上の局面はよく出くわす。上でみたように、銀の突進を逸らすような受けの手筋はあるように思うが、これ、なんていうんでしょうね? 飛車銀が同じ筋にあって、こちらサイドの銀だけ一筋お隣なので、ここではとりあえず「筋違い銀」と勝手に命名した。

 

カテゴリー: リバーシ・チェス・将棋・碁, 中盤の手筋, 将棋   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>