orca のソースコードを取得する

日本医師会はフリーのレセコンソフト orca を開発していて、かなり普及している(素晴らしい!)。これまでにもお仕事として構築支援をたびたびおこなってきたのだが、ソースコードを眺めたことは一度もなかった。

今後もご厄介になると思われるので、ソースコードの取得を試みた。

まずは公式の取得方法を試す。ここに書いてある。

要は、CVS (バージョン管理システム)を使って ssh 接続で日医総研のリポジトリからチェックアウトすればいいということらしい。

1. cvs は使ったことがないので、当然、我が Ubuntu には入ってない。

sudo apt-get install cvs

で cvs を入れる。

2. orcacvs という公開鍵をダウンロード。

3. 以下のコマンドで orcacvs を ~/.ssh/ にコピー

cp  ~/ダウンロード/orcacvs ~/.ssh/orcacvs

続いて chmod 600 ~/.ssh/orcacvs でパーミッションを変更。

4. ~/.ssh/config を作成(あるいは以下の内容を追加)

Host cvs.orca.med.or.jp

User anoncvs

IdentityFile ~/.ssh/orcacvs

ForwardAgent no

ForwardX11 no

(最後の2行は何をやっているんでしょうか?)

5. 後は以下のコマンドでチェックアウト実行。

$ cvs -d :ext:anoncvs@cvs.orca.med.or.jp:/cvs co jma-receipt

回線状況にもよるが10数秒でチェックアウトは終わると思う。

確認してみると…

おお、ちゃんと入ってましたね。

まずは、ソースコード取得成功。

 

カテゴリー: med + IT, ORCA   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>