技術的中間搾取

以前に windows 環境下でかっこいい DICOM Viewer がないみたいなことを書いた。

では、Mac 環境下の OsiriX や Horos が、満足すべきものかというとそうでもない。機能の豊富さは認めるが、ちょっと凝ったことをしようとすると、ソースの改変が必要になってくる。が、これらのプロジェクトは、ソースの改変をするには、ドキュメンテーションが決定的に不足しているように思える。

ところが、これらのパッケージを支えている ITK や VTK といったライブラリは、とんでもないくらいにドキュメンテーションが充実している。使われている英語も平易だ。

なぜだろう?(笑)

これは、以前に電子カルテを取り扱ったときにも同様の感想を抱いた。Java 自体が C++ に比べれば習得しやすい言語だし、hibernate や jersy といったライブラリも開発元サイトにいくとドキュメントが充実していることがわかる。

上流にある技術のキモは真に新規性がありかつわかりやすいのだが、そこから派生していくにしたがってどんどんわかりにくくなっていく。

いつものことといってしまえばそれまでなのだろうが、高度経済成長期ならいざしらず 21 世紀のオープンソースプロジェクトでこんなことしててもしょうがないんじゃないの?とは思う。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>