Horos なんちゃって日本語化

Horos をインストールしたのはいいが、どうせなら日本語化したい。

Mac のことは詳しくないのだが、「OsiriX が日本語化されている以上、Horos でもできるはずだ」という単純な発想。まず、ファインダーで OsiriX.app を表示させ「内容を見る」→Contents→Resources と順に表示。

そしたら、ありました。 Japanese.lproj

あやしい。

おそらく、ここで国際化に対応しているんだろうと推測して、このフォルダを丸ごと Horos.app のContents/Resources フォルダに放り込む。そして、Horos 起動。

おお、日本語化されている。

とても正しい日本語化とは思えないが、今のところ問題なし。どの程度まで本体動作に影響するか不明だが、しばらくこのまま使う予定。

それにしても、ここまで言うこと聞いてくれると Mac がだんだんかわいく見えてきた。マカーでもなんでもないが、安いのでいいから、新規に買っちゃおうかな。

※‥‥ここを見ると、基本的には間違ってなさそう。

 

カテゴリー: DICOM, Horos, med + IT   パーマリンク

Horos なんちゃって日本語化 への3件のコメント

  1. SUGIHARA より:

    現在の OsiriX Lite には「Japanese.lproj」が無く「ja.lproj」のようです
    「ja.lproj」をContents/Resources フォルダに放り込むと Horos が起動できなくなります
    なにか対策ありますか?
    或いは 「Japanese.lproj」をDL可能にしていただけませんか?

    • staff より:

      こんにちは、SUGIHARAさん。
      OsiriX の日本語化ファイルは ja.lporoj に変更になったんですね。
      私は OS X は詳しくはないのですが、多言語化対応のソフトは内部的に「元の文字列を多言語に置き換える」というようなことを
      やっていうようです。したがって現行の OsiriX の各種表記が以前のものと変わった場合、ja.lproj を以前の OsiriX, Horos に入れても
      うまく動作できないでしょうね。
      対策としては、ja.lproj を改変するのが自然ですが、手間がかかると思われます。
      以前の Japanese.lproj を使いまわすのもいいのですが、ライセンスなどの問題でやっていいのかわかりません。

      ところで、Horos にしても OsiriX にしても画像処理のライブラリは独自開発したものではなく他の有名ライブラリを流用しています。
      この仕掛けがわかって、当グループは両プロジェクトに関する興味を一気に失いました。(簡易DICOMビューアーを作成したのは
      そのため)
      OsiriX や Horos を使って凝った処理をしようとすると結局、元のライブラリの勉強をせざるをえず、だったら、直接、DICOM ファイルを
      操作する環境を作った方が構成がすっきりするという判断です。

      逆に質問したいのですが、Horos で何をされたいんですか?
      場合によっては、簡易ビューアー+独自処理で OsiriX や Horos をこねくりまわすより簡単に目的が実現できるかもしれませんよ。
      例えば、tag の編集などであれば、DCMTK (OsiriX, Horos が使っているライブラリ)のコマンドたたいた方が効率いいですよ。

      • SUGIHARA より:

        staffさん
        horos は研究で作成した VTK ソフトの検証に使う予定でした
        出来れば日本語が分かりやすいかなと、、、
        結局 OsiriX MD を購入しました

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>